バイク買取の際にチェックされるポイント

いらなくなったバイクは、そのまま放置しているだけでも税金等の諸費用がかかってしまいます。

そのためご自宅に不要になったバイクがあるという場合には、バイク買取専門店に買取ってもらうことをおすすめします。

ただこれまでバイクを買い取りに出したことがないという方は、実際にバイク買取専門店にもっていった際にどのような部分をチェックされるのかよくわからないかと思います。

そこで今回は、バイクを買い取りに出した際にチェックされるポイントについてご説明させていただきます。

バイクを買い取ってもらうためにはまず、バイクを買い取り業者のもとにもっていき、査定をしてもらわなければなりません。

そして査定の際にはまず、そのバイクの車種や年式、走行距離、排気量等がチェックされます。

これらの情報はバイクの価格を決めるにあたって必要となるものですので、一番先にチェックされます。

そしてそのうえで、車体に傷はないか、車検はどのくらい残っているのか、修理歴や故障歴はあるのかといった点についてもチェックされることになります。

ちなみに修理歴があるバイクは買取ってもらえないというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、そんなことはありません。

修理歴があるバイクでも、また、例え事故歴があるバイクであってもきちんと査定をしたうえで適正価格をつけて買取ってもらえます。

バイクの査定は早ければ20分程度で完了しますので、不要になったバイクがある方はぜひ一度査定を受けてみてください。

◇関連サイト:バイク王